2014年06月02日

引きこもりニート、不登校に関するおすすめ本・書籍

引きこもりニートの私から見ても参考になるお勧めの本や書籍を紹介します。
私自身は世間によくいる普通の引きこもりニートですので、ここで紹介している本は、そんな一般的な引きこもりが共感できる内容の本です。


※※内容を修正しました※※
このページでは以前、自分が読んだことのある引きこもり関連の書籍の中から、お薦めの市販本を少し紹介していました(とは言ってもそれ程たくさんの関連本を読んだわけではありませんが・・・)。
専門家やカウンセラーが書いたひきこもりに関する本はひきこもり自身から見るとほとんど参考にならないものばかりでしたが、それでも中には一部読んでみても損は無いと思われるものもあったので、それを掲載していました。

ですが先日、引きこもりの私の意見をとてもよく代弁してくれている、他の本よりよっぽど参考になる書籍に出会えましたので、そちらを紹介したいと思います。



重度のひきこもり本人が提唱する"ひきこもり・ニートからの脱却方法"


こちらの書籍は電子書籍となり、市販の本とは違って専門家が書いているわけではないようです。
私と同じ引きこもりニートだった方が書いているようで、本ブログと同じく引きこもりニート本人の視点から書かれています。
内容は本ブログと共通している箇所もあるのですが、電子書籍という形で出版しているだけあって、ただのブログである本サイトよりも丁寧で濃い内容となっています。

価格も千円ちょっとと手頃ですし、内容は十分参考になる意見が多かったので、買って損は無いと思います。
というか引きこもりの私からすると、「引きこもりの本音を理解したいならとりあえずコレを読め!」と強くお薦めしたい一品です。
他の本にお金を掛けたり、時間を掛けて私のブログのような引きこもりニートサイトを巡るくらいなら、これを読んだ方が手間も時間もお金も掛からなくて良いです。

但し1点だけ言わせてもらいたい事があり、この書籍は家族だけでなく本人もターゲットに含まれているみたいですが、引きこもりニート本人には直接読ませない方がいいと思います。
何 と言いますか、あまりに的を射すぎている為、これを本人に直接読ませた上で書かれている内容を実行しようとすると、本人としては見透かされているというか 手の平で踊らされているというか、いい様に操られている気がしてかえって意固地になっちゃう可能性が高いかと思います。

また書いている人が引きこもり自身であるせいか、引きこもりへの辛辣な意見を家族に対して率直に述べているので、図星を晒されているようで心の弱い引きこもりだと耐えられない気がします。
まぁ私のようにある程度の境地まで達した引きこもりニートなら、自分から目を通しても大丈夫だと思いますし、書いた人がひきこもりを脱却するまでの経緯とかも詳しく載っているので、引きこもり本人が読んでも十分参考にはなると思います。

引きこもりニートの家族の方には、引きこもりの本音や脱出方法等がかなり参考になると思いますので、是非読んでもらいたい書籍です。

スポンサーリンク
posted by 十九朗 at 15:21 | おすすめ本・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。