2014年06月12日

私の引きこもり・ニート歴

まず最初に自分がどのような引きこもり・ニートなのか説明しておきたいと思います。
引きこもりやNEET(ニート)といっても色々なタイプがありますが、本ブログでは、あくまで私自身の引きこもり・ニート状況を基に話していきますので、私がどのようなタイプの引きこもりであるのか簡単に把握しておいて頂けると他ページの理解も早まるかもしれません。

では私の状況を説明して行きますね。
私の引きこもり症状は恐らく、世間手的にもっとも一般的なタイプかと思われますので、家族に引きこもり・ニートがいて困っている人にとって少しは引きこもり人間の気持ちを理解する助けになると思います。

おおざっぱに言うと、
「引きこもり歴8年、NEET歴6年、アニメやゲーム、インターネットしか楽しみの無いオタク系引きこもりニート」
といったところです。
詳細は以下を見てください。


≪私の半生≫
・小学校高学年の時にいじめを受けました。
・中学では勉強をがんばり、いじめ等の問題はありませんでした。
・高校(進学校)では「勉強が得意」というアイデンティティが無くなり、友達の少ない暗い人間となりました。
・一人暮らしを始め、大学に進学しましたが2年で中退しました
 (但し大学では良く遊ぶ友達が出来ました)
・専門学校に行きましたがすぐにやめてしまいました。
・ここから1年半オンラインゲームにはまり、いわゆるネットゲーム廃人となりました。
 (外出は週に1回コンビニやスーパーへ行くくらいで、この間はレジの店員くらいにしか言葉を発しませんでした生活資金は当然仕送りの実家からのお金です)
・少しだけアルバイトを行いました。宅急便の仕分け作業を数ヶ月おきにやりました。
・2年ほどでバイトを辞めました。
 バイトしていた期間も遊びになどは一切行かず、仕事以外はずっと引きこもっていました。
・その後数年間引きこもりとニートを継続しています。

現在の自分の引きこもり具合を具体的に説明すると、週に1回スーパーにまとめて食料を買出しする以外、一切外出しません。
一緒に遊ぶような友達もいまでは一人もおらず、家にいる間のほぼ全ての時間はパソコンの前にいます。
インターネットかアニメ・ゲームで全ての時間を消費しています。


以上で、私がどういった引きこもりかわかってもらえたと思います。
では、次のページから引きこもりの本音を語って行きたいと思います。

次のページ「引きこもりや仕事をしていない自分自身への気持ち」へ

スポンサーリンク
posted by 十九朗 at 18:18 | 私の引きこもり・ニート歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。